都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

Hello

#countrylife

ヤマト運輸の新サービス「ネコポス」と「宅急便コンパクト」とは?レターパックよりもお得になる?

f:id:CNwriting:20171204161033j:plain

今月いっぱい(2015年3月31日)でクロネコメール便が廃止されますが、ヤマト運輸が4月からの新サービスとして「ネコポス」「宅急便コンパクト」の2つのサービスを発表しました。

 

「ネコポス」は法人・個人事業主向けのサービスで、「宅急便コンパクト」は誰でも利用可能なサービスとなります。

 

この2つのサービス、いったいどれだけお得なのでしょうか?郵便局のレターパックと比べた場合は?など調べてみました。

 

目次

 

ヤマト運輸の「宅急便コンパクト」って?

宅急便コンパクトは、2種類の専用ボックスがあり、その専用ボックスを購入して荷物を入れて送ります。専用ボックスのサイズはそれぞれ以下のようになっており、どちらも1枚あたり65円(税込)で購入できます。

  • 薄型BOX:24.8cm×34cm
  • 専用BOX:25cm×20cm×5cm(暑さ)

ヤマト運輸直販店もしくは取扱店で購入でき、5枚以上購入する場合はドライバーに届けてもらうこともできます。

 

「宅急便コンパクト」は、ポスト投函はせずに手渡しとなります。

宅急便と同じく、日付指定や時間帯指定ができます。

料金は地域によって異なり、ヤマト運輸のサイト

http://www.kuronekoyamato.co.jp/compact/compact.html

から確認できます。

 

金額をみてみると、これまでヤマト運輸の最少サイズだった60cmよりも小さなサイズが登場した、という感じですね。60cmよりも小さな荷物を送る際、これまでよりも安い価格で送れるようになった、と考えることができます。

 

宅急便コンパクトは割引がたくさんある

宅急便コンパクトは4種類の割引があります。

  • クロネコメンバー割:クロネコメンバーズ電子マネーカードご利用で10%または15%割引。
  • デジタル割:店頭端末で送り状を発行もしくは自宅のPCで送り状を印字(送り状発行システムC2)すると50円割。に
  • 持ち込み割:荷物1個につき100円割引(クロネコメンバーズはさらに50円割引)。
  • 宅配便センター受け取りサービス:宅急便センター宛で発送すると54円割引。

割引適用前は最安値254円(+専用BOX代65円)〜、という価格設定になっています。値段は送り先の地域によって異なります。

 

ヤマト運輸「宅急便コンパクト」日本郵便「レターパック」どっちがお得?

これまで、ちょっとした荷物を送る際は日本郵便のレターパックが便利でした。レターパックは2種類あります。

レターパックライト(A4サイズ)

  • 料金は全国一律360円
  • 暑さは3cmまで
  • 重さは4kgまで

レターパックプラス

  • 料金は全国一律510円
  • 暑さの制限なし(封筒に入ればOK)
  • 重さは4kgまで

 

レターパックと宅急便コンパクト、送り方の違いは?

レターパックのメリットは510円または360円で専用封筒を購入すればその中に荷物を入れてポストに投函することができる。全国一律料金であることも嬉しい。

 

宅急便コンパクトのメリットは、専用ボックスを68円で購入しさらに送料がかかるけれど、配達地域によってはレターパックよりも安くなることがある。

 

レターパックライトVS宅急便コンパクト、安いのはどっち?

レターパックライト(送料360円)と宅急便コンパクトを比べると、宅急便コンパクトで最大割引適用時、同地域内での配達などは254円(+専用BOX代65円)~となっているため、レターパックライトよりも安くなっています。

  • レターパックライト:360円
  • 宅急便コンパクト:319円(最安値)

割引をフル活用した場合、最安エリアに送るのであれば宅急便コンパクトの方が安いですが、宅急便コンパクトの場合はデジタル割や持ち込み割を適用するためにわざわざセンターへ出向く必要があり、さらに宅急便センター宛で発送しなければ割引をフルで使っての41円分のお得を考えると、レターパックを事前に用意しておいてポストに投函だけしたほうが手軽だと感じる場合もあるかもしれません。

 

レターパックVS宅急便コンパクト、安いのはどっち?

レターパック(送料510円)と宅急便コンパクトを比べた場合は、宅急便コンパクトの最大割引時でも遠い地域になると510円以上となるため、近距離は宅急便コンパクト(割引あり)のほうが安くなり、遠距離になるとレターパックのほうが安くなります。

 

宅急便コンパクトはお届け日と時間帯を指定できる

レターパックは日にちや時間帯の指定ができませんが、宅急便コンパクトは「お届け日指定」「時間帯お届けサービス」が利用できます。お届け日・時間帯指定をしたい場合は宅急便コンパクトが便利ですね。

 

レターパックプラスと宅急便コンパクトの専用ボックスの大きさを比較してみた

レターパックプラスの封筒の大きさと、宅急便コンパクトの専用ボックスの大きさを比較すると以下のようになりました。

  • レターパックプラス 22cm×31cm×暑さ3cm
  • 宅急便コンパクト 20cm×25cm×暑さ5cm

容量で見た場合、宅急便コンパクトのほうが若干大きめとなっています。 縦の長さはレターパックプラスのほうが長いですね。

 

レターパックと宅急便コンパクトは人によって使いやすさも変わってくると思いますが、宅急便コンパクトの登場によって選べるサービスが増えたことは嬉しいですよね。 

 

 最後に、法人・個人事業主向けの「ネコポス」についても記載しておきます。

 

ヤマト運輸の新サービス法人向けの「ネコポス」って?

ネコポスは、ヤマト運輸と契約を結んだ法人・個人事業主が

  • 角型A4サイズ(31.2cm×22.8cm)以内 ※小さすぎ(23cm11.5cm以内)もダメ
  • 暑さは2.5cm以内
  • 重さは1kg以内

の荷物を送ることができるサービスです。翌日配達となり、ポストに投函されるため不在でも大丈夫というメリットがあります。送り主が受取人のメールアドレスを事前に登録してあった場合、投函されたら受取人に「投函完了メール」が送信されます。荷物の追跡もHP上で可能となります。料金も全国一律料金となっており、荷物の数量などにより利用者ごとに料金が決定されます。

 

ヤマト運輸と契約のあるフリマサイトなどでも送り主が利用できるようになるとのことなので、選択肢が広がって嬉しいですね。

 

ヤマト運輸「ネコポス」:

http://www.kuronekoyamato.co.jp/nekoposu/nekoposu.html

 

 

日本郵便が発表した4月からのサービス「スマートレター」については、以下の記事に詳細を記載しています。