地球儀や日本地図をリビングに置いたら子どもが勝手に勉強しはじめた!超おすすめ

f:id:CNwriting:20220408133720j:plain

ある日、小学生の子ども部屋に置いてあるだけで全く使われていなかった地球儀をリビングに移動しました。

 

すると、朝のニュースでいろんな国の話題が出てくる中で気になった国の場所を子どもが自分で調べたり、親が子どもから海外のニュースに関して質問をされたときに地球儀を使って説明ができたりして、地球儀が活躍するようになったんです。

 

2021年夏、オリンピック期間になったので、子どもが小さい時に買った国旗の絵本もリビングに移動してみました。オリンピックを見ているとたくさんの国旗を目にします。子どもはオリンピックを見ながら気になった国旗を自ら調べて、その国の位置を地球儀で確認しながらオリンピックを鑑賞し、いろんな国の名前や場所、首都の名前などを自然と覚えていきました。2022年冬のオリンピックでも、国旗の絵本と地球儀は大活躍しました。

 

現在、我が家のリビングには「地球儀」と「国旗の絵本」を置き、壁には「日本地図」と「長野県地図」を貼っています。

f:id:CNwriting:20220408133712j:plain
f:id:CNwriting:20220408133717j:plain

地球儀や日本地図は、子どもが気になったニュースや、テレビで見聞きした場所を調べたりするのに役立っています。長野県地図は、長野県在住なので、リビングで週末の予定や旅行計画を立てる時などに地図を見ながら家族で話し合ったりしています。子どもも自分が住んでいる県内の場所や名前、位置関係を自然と覚えるので役立っています。

 

リビングに地球儀や地図、国旗の本を置いておくと子どもが勝手に勉強しはじめるので、すごくおすすめ。

国旗のえほん: アイウエオ順

国旗のえほん: アイウエオ順

  • 戸田デザイン研究室
Amazon