【長野県】信州の天空ロード「ビーナスライン」の全貌をローカルが解説するよ!全長76キロの絶景とおすすめスポット一覧

ビーナスラインは、長野県・松本市の美ヶ原高原〜茅野市を結ぶ、全長75.2キロのドライブロード。

f:id:CNwriting:20210611114227j:plain

出典:パンフレット | ビーナスライン

標高1,450m〜1,959mの高原・森林の中を駆け抜ける、まるで天空を走っているかのような山岳ロードがつづくビーナスラインは、7市町村(上田市・松本市・小県郡長和町 ・諏訪郡下諏訪町・諏訪市・北佐久郡立科町・北佐久郡立科町)をまたぎ、人気の観光エリア「蓼科高原」「白樺湖」「車山高原」「霧ヶ峰高原」「美ヶ原高原」がルート上にならびます。

 

 

ビーナスラインの始点はどこから?終点はどこ?

茅野市方面からビーナスラインに入る場合は、「あけぼの隧道(ずいどう)」という交差点が入り口となります。信号機に 「あけぼの隧道」と表記があり、青い大きな「ビーナスライン」と記された看板もあるので、わかりやすいです。

松本市・上田市方面からビーナスラインに入る場合は、「美ヶ原高原美術館」が入り口となります。

 

ビーナスラインを走りながら立ち寄れる、おすすめ観光スポット

ビーナスラインを走りながら立ち寄れる観光スポットはとてもたくさんあるんだけど、代表的な立ち寄りスポットを紹介。

 

ビーナスラインの道沿いにあるスポットに厳選し、わかりやすいように茅野市(始点)〜美ヶ原高原美術館(終点)にかけて順番に説明します。

※美ヶ原高原美術館(始点)〜茅野市(終点)に向かって行く場合は、逆の順にみてね。

 

蓼科高原

f:id:CNwriting:20210612093530j:plain
f:id:CNwriting:20210612093509j:plain
f:id:CNwriting:20210612093516j:plain
「蓼科湖」「北八ヶ岳ロープウェイ」「蓼科大滝」
出典:茅野観光ナビ

まずはじめに通るのが蓼科(たてしな)高原。八ヶ岳が一望できる「蓼科湖」、標高2,237mまで行ける「北八ヶ岳ロープウェイ」、苔のむす原生林の中、大きな滝壺に向かって水量豊かに流れ落ちる「蓼科大滝」などを観光できます。

 

[公式サイトリンク]

 

白樺湖

f:id:CNwriting:20210612105126j:plain
f:id:CNwriting:20210612105129j:plain
f:id:CNwriting:20210612105133j:plain
「白樺湖」「世界の影絵、きり絵、ガラス、オルゴール美術館」「白樺リゾート 池の平ファミリーランド」
出典:白樺湖観光案内/影絵美術館|白樺リゾート池の平ホテル/池の平ファミリーランド

次に白樺湖を通ります。白樺湖は湖周が4kmあり、遊歩道を散策して楽しむことができます。湖面を管理運営する白樺湖観光センターではボート・カヌー・釣りが楽しめます。

 

また、3つの美術館「世界の影絵、きり絵、ガラス、オルゴール美術館」「蓼科テディベア美術館」「ペネロペ絵本原画展」や、遊園地「白樺リゾート 池の平ファミリーランド」もあります。

 

[公式サイトリンク]

 

車山高原

f:id:CNwriting:20210612111036j:plain
f:id:CNwriting:20210612111040j:plain
「車山高原」
出典:車山高原SKYPARK RESORT

車山(くるまやま)高原は、冬はスキー場として、夏は高原として営業を行っています。グリーンシーズンには、春のレンゲツツジ(6月)、夏のニッコウキスゲ(7月)、秋のマツムシソウ(8月下旬)をはじめ600種類の花が咲き誇ります。

 

標高1,925mの車山山頂まではリフトであがることができ、高原に咲く花を楽しみながら散策やトレッキングが楽しめます。

 

[公式サイトリンク]

 

車山高原~霧ヶ峰高原区間はビーナスラインの絶景ポイント!

f:id:CNwriting:20210612113034j:plain

ビーナスラインの車山高原~霧ヶ峰高原区間に位置する「車山肩」

車山高原を抜けると、ビーナスラインは霧ヶ峰高原へと向かいます。この車山高原〜霧ヶ峰高原にかけてのビーナスライン上は、ローカルの私が一押しする絶景スポット。ビーナスラインの中でいちばん景色が良く、高原に咲き誇る花々を眺めながら走る天空ロードは息をのむほどの美しさです。

 

上の写真の場所は、車山高原~霧ヶ峰高原区間にある「車山肩」。ビーナスラインの紹介でよく写真が使われる場所です。車山高原SKYPARK RESORTから霧ヶ峰方面に6~7分走ったところにあります。

f:id:CNwriting:20210612122542j:plain

「車山肩」には駐車場もあります。景色が最高な場所なので、ハイシーズンの休日は混雑します。私は子どもの頃初めてこの場所を訪れて、こんな天国みたいな場所があるんだ!ってとても感動して、いまだにその感覚を覚えています。その後何度も訪れていますが、この場所は天空の癒しスポットです。

 

霧ヶ峰高原

f:id:CNwriting:20210612125525j:plain
f:id:CNwriting:20210612125537j:plain
「霧ヶ峰高原」「八島ヶ原湿原」
出典:霧ヶ峰高原観光サイト

霧ヶ峰高原も車山高原同様、冬は霧ヶ峰スキー場となり、夏は高原トレッキングが楽しめます。グリーンシーズンにはレンゲツツジ(6月)〜ニッコウキスゲ(7月)〜マツムシソウ(8月下旬)をはじめとした多くの高原植物が花を咲かせます。

 

霧ヶ峰高原にある、「八島ヶ原湿原」は国の天然記念物に指定されています。標高1,630mに位置する高層湿原で、約400種類の亜高山植物が観察できます。湿原周辺は散策路が整備されていて、1周90分のトレッキングが楽しめます。「八島ヶ原湿原」へは、ビーナスライン上にある八島ビジターセンターの駐車場に車を止めていくことができます。

 

[公式サイトリンク]

 

美ヶ原高原

f:id:CNwriting:20210612134321j:plain
f:id:CNwriting:20210612134328j:plain
f:id:CNwriting:20210612134335j:plain
「美しの塔 」「遊歩道」「美ヶ原高原美術館」
出典:霧ヶ峰高原観光サイト

ビーナスラインの終点は標高2,000mに位置する美ヶ原(うつくしがはら)高原。高原内には牛が放牧され、遊歩道も整備されていて、高原散策が楽しめます。標高2,000mからの景色は圧巻!

 

[公式サイトリンク]

 

信州の天空ロード「ビーナスライン」、信州の景色をぜひ楽しんでね◎

ビーナスラインを紹介しました。松本市で生まれ育った私にとってビーナスラインは何度も走ったことがある道だけど、毎回その景色に癒されます。

 

ビーナスラインは、家族や友人とのドライブにもおすすめ。デートにもおすすめ。バイクツーリングにもおすすめ。あとね、ちょっと凹んだ時とか、現実逃避がしたい時とか、仕事や家事に疲れちゃった時とか、休日にひとりでドライブするのもおすすめ。信州の絶景と澄んだ空気にすごく癒されるよ。