長野・篠ノ井の地滑りによる国道19号線の通行止め箇所・迂回路などの場所、情報まとめ(2021年7月)最新情報更新中

2021年7月6日朝、長野県長野市篠ノ井小松原で幅210メートル、長さ140メートルにわたる大規模な地滑りが発生しました。発生から2日後の8日時点でもまだ土砂が動いていて何もできない状況。再び地滑りが発生する危険があるとして、現場近くの国道19号線が全面通行止めとなり、復旧の目処がたっていないため、生活道路に影響が出てしまっています。

 

[2021年7月14日追記] 全面通行止めとなっていた箇所の応急復旧工事が進捗し、7月14日から片側交互通行規制となりました。今後の通行規制については以下の運用がされます。

  • 昼間(6時~21時)片側交互通行
  • 夜間(21時~翌6時)全面通行止め

f:id:CNwriting:20210712112448j:plain

地滑りの発生場所
出典:長野国道事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

 

[2021年8月16日追記]

お盆期間中の8月14日9:20〜8月16日16:00まで、大雨の影響により国道19号長野市篠ノ井小松原地先が全面通行止めとなっていました。全面通行止めは8月16日16:00以降解除され、片側交互通行へと以降されました。迂回ルートがこれまでと変更になり、以下のようになりました。

 

地滑りによる国道19号線の通行止め箇所・迂回路の場所は?

長野国道事務所による、国道19号線の通行止め箇所は以下になります(2021年8月17日時点)。

普通車の通行止め箇所・迂回ルート(2021年8月17日以降)

f:id:CNwriting:20210817090041j:plain

出典:長野国道事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

 

大型車の通行止め箇所・迂回ルート(変更なし)

f:id:CNwriting:20210712114553j:plain

出典:長野国道事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

 

最新情報は長野国道事務所の公式ホームページ(外部リンク)で確認できます。

 

長野市から白馬村へのアクセス方法

今回の地滑りによる通行止めの影響で、長野市-白馬村のアクセスがとても不便になっています。高速バス・特急バスも運休や一部区間での運行がされています。

 

関東方面から白馬村へ行く人は、関越道経由〜長野IC〜白馬のルートがアクセスしずらくなっているので、中央道経由〜安曇野IC〜白馬のルートが推奨されています。