雪道の運転時に車に積んでおくべきものまとめ(大雪・災害対策)

f:id:CNwriting:20220113185341p:plain

雪国に暮らしています。雪国暮らしの人が普段から車に積んでいる雪対策グッズをまとめました。大雪の災害で車が動かなくなった時にも役立つので、雪が降る地域に遊びに行く人も参考にしてみてください。

 

雪道の運転時に車に積んでおくべきもの

雪道の運転はアクシデントが起きやすいので、以下のものを積んでおくといざというときに役立ちます。

 

スノーブラシ

スノーブラシは必須。スキー場など外出先で数時間車を止めておいたら、帰ってきた時に車に雪が積もって車の雪下ろしが必要な時がたくさんあります。災害時ももちろん役立ちます。冬はどんな時でも必ずスノーブラシを車に積んでいます。

 

除雪用のスコップ

雪で渋滞が起きてしまった時や、身動きがとれなくなった時は、車のエンジンをかけながら車内で避難して過ごすことがあります。その時に、降り続く雪が車のマフラーを覆ってしまうと、排気ガスが車内に逆流して一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。

 

雪道で車が立ち往生してしまった時はマフラーのまわりの除雪が必要となるので、除雪用のスコップを積んでおくのをおすすめします。

 

スコップは、折りたたみ式のものだとコンパクトに収納できておすすめです。

 

携帯トイレ

雪で車が立ち往生したり、渋滞にはまったときはトイレが困ります。携帯トイレを積んでおくと、いざという時に役立ちます。

 

おすすめなのは石崎資材の携帯トイレ。男性用と女性用があって、女性用だと男性も使えるので、私は女性用を購入して家族皆で使えるように車に積んでいます。

 

毛布

車が雪でスタックした時に、毛布や段ボールなどをタイヤにかませることで脱出できます。毛布を積んでおくと車内の防寒用としても使えるので、使っていない毛布などを1枚積んでおくことをおすすめします。

 

防寒着・手袋

防寒着は車内だけでなく、立ち往生してしまったときに外に出て雪かきをする際にも必要となります。スキーウエアのようなしっかりした防寒着と除雪用の手袋は積んでおくと役立ちます。

 

食料・水

災害時に備えて食料と水は積んでおくと良いです。

 

ガソリンは常に余裕を持って入れておく

災害時に車のガソリンが少ないとすごく困ります。雪国暮らしだと、車が立ち往生する可能性ももちろんですが、地震などの災害時に車で暖をとったり、車でスマホの充電をするなどの可能性も考えて常に半分以上ガソリンが入っているようにこまめに給油しています。

 

まとめ

雪道を運転する時に車に積んでおくと役立つ雪対策グッズをご紹介しました。紹介したアイテムは雪国に暮らす私が最低限車に積んでいるものです。参考にしてみてくださいね。