読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/Skier/

子供への時計の教え方、こうすればわかりやすい!

学校、教育

f:id:CNwriting:20160422130516j:plain

 

先日小学校に行ったら、1年生の教室の時計が上のように工夫されていました。5分ごとの分数を色画用紙に書いて貼り付けてあって、「ああ、こうすればわかりやすいじゃん!」と納得して帰ってきました。そして早速家でも真似してみました。

 

時計を覚え始める幼稚園保育園や1年生の子どもたちって、「何時までにこれをしましょう」ではなくて「何分までにこれをしましょう」と言われることが多いですよね。時計の読み方を子どもに教えるのって難しいけど、これなら子どももわかりやすいですね。

 

 

 

とけいの読み方の勉強におすすめ「はとのクルックのとけいえほん」

f:id:CNwriting:20160422130508j:plain

 

とけいの本では、くもん出版の「はとのクルックのとけいえほん」がとても良かったです。

 

f:id:CNwriting:20160422130512j:plain

 

動かせる文字盤が、とけいの長針は青、短針は赤に色分けされていて、分数も1〜60までふられているので、

「赤い針のところは何時」

「青い針のところは何分」

と子どもがわかりやすいようになっています。

 

この本は絵本専門店の店長さんが「とけいを覚える絵本の中ではこれが一番おすすめですよー」って教えてくれたもので、買ってとても役立ちましたよ。