都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

Hello

#countrylife

長野県安曇野市のマンホールの蓋、全種類まとめたよ。

f:id:CNwriting:20160910200818j:plain

長野県安曇野市のマンホールの蓋コレクションです。どれも地域の特徴が描かれていて、本当に素敵。

 

安曇野・豊科地区

f:id:CNwriting:20180509130251j:plain

豊科地区のマンホールの蓋には北アルプスと白鳥が描かれています。豊科には白鳥の飛来地「犀川白鳥湖」があります。インターを降りてすぐの「スワンガーデン」には大きな白鳥のオブジェも飾られていますね。

 

安曇野・三郷地区

f:id:CNwriting:20180509130318j:plain
三郷地区のマンホールの蓋には北アルプス(常念岳)とりんごが描かれています。三郷はりんごの産地で、一面にりんご畑が広がっています。北アルプスを背に、りんご畑を眺めながらのドライブは最高です。

 

安曇野・堀金地区

f:id:CNwriting:20180509130314j:plain

堀金地区には、常念岳、蝶ヶ岳、ヒメギフチョウ、カタクリが描かれています。

 

安曇野・穂高地区 

f:id:CNwriting:20180509130255j:plain

穂高地区のマンホールの蓋には、北アルプス、シャクナゲが描かれています。シャクナゲは穂高町の町木なんですよ。

 

安曇野・明科地区

f:id:CNwriting:20180509130300j:plain

明科地区のマンホールの蓋には、ニジマスとアヤメが描かれています。ニジマスは明科の特産。養殖も盛んですね。アヤメは明科町の町花です。

 

梓川地区

f:id:CNwriting:20180509130242j:plain

梓川地区は現在は松本市ですが、管轄は犀川安曇野流域下水道事務所となっています。金松寺山、カジカ、リンゴの花が描かれています。

 

安曇野市

f:id:CNwriting:20180509130246j:plain

安曇野市全域共通のマンホール。道祖神、常念岳、田園風景、清流が描かれています。市内のいろんな場所で見かけることができます。