年賀状をやめた。やめてよかったこと、得たもの。

f:id:CNwriting:20191016143923j:plain

年賀状、今シーズンから書いて送るのをやめました。

 

「そろそろ年賀状準備しなきゃ」っていうストレスから解放されたかった

ああ、今年もそろそろ年賀状を注文しないといけないな(面倒だな······)。

ああ、年賀状そろそろ書かないと配達されるのがお正月に間に合わないな(面倒だな······)。

 

毎年、12月近くなってくると「そろそろ年賀状取り掛からないと」っていう気持ちが意外と大きなストレスになっているんだって、ずっと感じてはいたんだよね。まずさ、デザイン決めて注文するまでが一つの山、年賀状を書く作業が二つめの山、それが終わらないと、ずーっと心の中で「ああやらなきゃ」っていうのがひっかかっていて落ち着かない。

 

そもそも年賀状ってなんで書くの?義務感以外のなにものでもないんじゃないの?

年賀状をやりとりしている人のうち、特に普段から連絡をとっているとかじゃなくて、1年に1回、年賀状を送りあうだけの間柄の知り合いのほうが多くて。

 

この人に書こうかな、書いたら逆に気を使わせてしまうかな。この人は去年は私が書いたからきっと書いてくれたんだろうな(届いた日付でなんとなく感じる)。この人は去年、書かなくてもいいかなと思って書かなかったら年賀状届いたからお正月に書いて出したけど、今年はどうしようかな(去年私が出すの遅かったから、その人も今年はきたら書けばいいかなって思ってるかもなぁ)。とか、いろいろと考えるの、疲れてしまった。

 

そもそもなんだ、年賀状って義務感で書いているだけのものになってしまってないか。私にとってはそうなんだ。それならもういっそのこと、年賀状やめてしまおうと思ったんだ。

 

書いたところで、読まれるのなんて数十秒、その一瞬のためにあれだけの時間と労力とお金を使って書くのもな

······って

もらった年賀状、みんな1枚あたりどのくらいの時間で読んでるんだ?1分も見ないでしょ、せいぜい数十秒じゃないのだろうか。写真見て、コメント読んで、元気そうだな〜って思っておしまいじゃない?次に見るのなんて、来年年賀状書くために住所確認する時だけなんじゃないかな。

 

その、数十秒読まれるため・読むために、あれだけの労力やハガキ代や印刷代をかけてるのか······とか考えたら、書くのももらうのも、なくていいなーなんて思ってしまうんだよね。こんな考え方してると「冷めてるな」って感じられるかもしれないけどさ。

 

年賀状やめたことで得たメリット

年賀状やめたら、

  • 「そろそろ年賀状準備しなきゃ」っていう気持ちのストレスから解放された
  • 年賀状にかける時間とお金が必要なくなった

年賀状はさ、書きたい人は書けばいいし、書きたくないなら書かなければいいと思うんだ。わたしは年賀状は自分に合わなくてやめちゃった。書きたくて書くなら別だけど、付き合いとか義理のために書く年賀状なんて、ビジネスじゃないんだから別にいらなくない?書きたくない人はさ、聞かれたら、「うちは年賀状書かないんですー」「うちはもう年賀状書くのやめちゃったんですー」で、よくない?

 

年賀状やめますって伝える?

遠方に住んでいても、普段からLINEしたり連絡取り合ってる友達には、一言「今年から年賀状やめることにしたのでよろしく」って伝えればいいし、お互いになんとなく毎年年賀状送ってくるからこっちも送ってるっていう関係の人だったら、送らなくなったら向こうも送ってこなくなるから自然消滅な感じでいいんじゃないかな。ビジネスで送ってる人はまた別かもだけど、私ビジネスでの年賀状のやりとりはないので、そこは楽だったな。