iPhoneの天気予報アプリの天気の種類、全まとめ!アイコンの種類と意味も解説

f:id:CNwriting:20191111134824j:plain

iPhoneの天気アプリの天気予報ってたまに「何これ!?」っていうのがあってなかなか面白いんですよね。「ほこり」とか。全種類まとめました。

 

iPhoneの天気予報アプリの天気の種類、全まとめ

どんな種類があるのか調べてみました。

「晴れ」の種類

f:id:CNwriting:20160303211326p:plain
f:id:CNwriting:20160303211307p:plain
f:id:CNwriting:20160303211250p:plain

「晴れ」「快晴」「曇り時々晴れ」。

 

「曇り」の種類

f:id:CNwriting:20160303211432p:plain
f:id:CNwriting:20160303211300p:plain
 

「曇り」「ところにより曇り」。

 

「雨」の種類

f:id:CNwriting:20160304172042p:image
f:id:CNwriting:20160303214312p:plain
f:id:CNwriting:20191111133735j:plain
f:id:CNwriting:20160304172030p:image
f:id:CNwriting:20160304132906p:image
f:id:CNwriting:20160303211412p:plain
f:id:CNwriting:20160304152717p:image
f:id:CNwriting:20160303214306p:plain
f:id:CNwriting:20161215195634p:plain

「雨」「時々雨」「にわか雨」「霧雨」「大雨」「雷雨」「ところにより雷雨」「ところにより一時雷雨」「着氷性の雨」。

 

「大雨」の時は画面上が気持ち良いくらいの土砂降りになるし、「雷雨」になると画面上にバリバリ雷が落ちてきて、その臨場感がたまりません。「ところにより一時雷雨」の時は、「ところにより雷雨」よりも稲光が出る感覚が短い気がします。

 

「雪」の種類

f:id:CNwriting:20160304183926p:image
f:id:CNwriting:20160305221106p:plain
f:id:CNwriting:20160303223115p:plain
f:id:CNwriting:20160304130333p:plain
f:id:CNwriting:20160304132634p:image
f:id:CNwriting:20160306080653p:image
f:id:CNwriting:20191128053427p:plain
 
 

「雪まじりの雨」「みぞれまじりの雪」「時々雪」「にわか雪」「雪」「大雪」「地吹雪」。

「地吹雪」ってすごいですね。日本の地域で「地吹雪」予報出ているのは私はまだ見たことありません。

めずらしいやつ

f:id:CNwriting:20160303211340p:plain
f:id:CNwriting:20160304132331p:plain
f:id:CNwriting:20160303211333p:plain
f:id:CNwriting:20191123103038p:plain
f:id:CNwriting:20191117131407p:plain
f:id:CNwriting:20191117131353p:plain
f:id:CNwriting:20191123084643p:plain
f:id:CNwriting:20191128062508p:plain
 

 

あまり見ないシリーズ。「霧」「もや」「ほこり」「煙霧」「竜巻」「極寒」「空気質:軽度の汚染」「空気質:深刻な汚染」。

 

「ほこり」予報が出てたこの日、わたし安曇野市にいたんだけど、風が強くて土煙が酷かったです。

 

iPhoneの天気予報アプリ、アイコンの種類と意味は?

f:id:CNwriting:20191123091737p:plain

出典:Apple

アイコンの種類と意味はこうなっています。気温が低い日に表示される温度計マークや、風が強い時に表示される波マーク、視界不良の際に表示されるマークなど、いろんなマークがありますね。