エルゴベビー抱っこ紐の種類と違いは?買うならどれ?プレゼントするなら?

f:id:CNwriting:20211204103640p:plain

エルゴベビー抱っこひもの種類と違い、おすすめモデルを紹介します。どれを買おうか悩んでいる人は参考にしてくださいね。

 

エルゴベビー抱っこひもの種類と違いをやさしく解説するよ!

エルゴベビー抱っこひもの種類は以下の4種類。

  • 「オムニ ブリーズ」(最上級モデル)
  • 「オムニ スリーシックスティ」(最上級モデルのひとつ前の型)
  • 「アダプト」(スタンダードモデル)
  • 「エンブレース」(プラスワンで買うのにおすすめモデル)

 

オムニ ブリーズ(OMNI Breeze)

2021年に新しく登場した「オムニ ブリーズ」は、エルゴベビー抱っこひもの最上級モデルで、いちばん人気。前モデルの「オムニ スリーシックスティ」 よりも、通気性がアップし、バックル部分なども改良されてより使いやすくなりました。

 

また、前モデルの「オムニ スリーシックスティ」にはベビーウエストベルトが付属していましたが、「オムニ ブリーズ」はベビーウエストベルトなしの状態で日本のSGマークを取得しているため、ベビーウエストベルトは付属していません。

 

エルゴベビー抱っこひもが欲しくて、どれにしようか悩んでいる人は最新モデルの「オムニ ブリーズ」がおすすめ◎

 

【オムニ ブリーズでできること】

  • 対面抱き
  • 前向き抱き
  • 腰抱き
  • おんぶ 

新生児から(3.2kg〜20.4kg)まで使用できます。定価は31,900円(税込)。

 

オムニ スリーシックスティ(OMNI 360)

「オムニ スリーシックスティ」は、最上級モデル「オムニ ブリーズ」のひとつ前のモデル。基本的な性能は「オムニ ブリーズ」と変わりません。

 

【オムニ スリーシックスティでできること】

  • 対面抱き
  • 前向き抱き
  • 腰抱き
  • おんぶ

新生児から(3.2kg〜20.0kg)まで使用できます。定価は31,900円(税込)。

 

アダプト(ADAPT)

「アダプト」は、エルゴベビー抱っこひものスタンダードモデル。 4つの抱きかたのうち、前向き抱っこができないモデルです。価格はオムニシリーズよりも安いので、前向き抱っこをしないなら「アダプト」がおすすめ。

 

【アダプトでできること】

  • 対面抱き
  • 前向き抱き

新生児から(3.2kg〜20.0kg)まで使用できます。定価は27,500円(税込)。

 

エンブレース(EMBRACE)

エンブレースは、 新生児期やおうちでの抱っこにおすすめなモデル。柔らかくストレッチの効いた生地が、身体が柔らかい新生児の抱っこもサポートします。2つ目のエルゴが欲しい人や、出産祝いとしてもおすすめ◎

【エンブレースでできること】

  • 対面抱き
  • 腰抱き
  • おんぶ

新生児から(3.2kg〜11.3kg)まで使用できます。定価は14,300円(税込)。

 

エルゴベビー抱っこひもをプレゼントするならどれがおすすめ?

出産祝いなどで、エルゴベビー抱っこひもをプレゼントしたい人も多いのでは?私もエルゴ愛用者ですが、エルゴベビーはプレゼントされたらすごく嬉しい!って喜ぶママは多いはず。

 

「もう買って持ってるかな?」って心配する人もいるかもしれないけど、エルゴの抱っこひもは何個あっても使えます。毎日使うものなので、2個あったら洗い替え用にもなるし、ひとつは車に置いておくとかもできてとても楽なんです。

 

プレゼントするなら、最新モデルの「オムニ ブリーズ」か、新生児向けモデルの「エンブレース」がおすすめです◎

 

●オムニ ブリーズ●

●エンブレース●

 

まとめ

エルゴベビー抱っこ紐の種類の違いとおすすめモデルを紹介しました。エルゴはプレゼントしても喜ばれる抱っこ紐で、おすすめです◎