本サイトのコンテンツにはプロモーションコードを含みます

【2023年最新版】ダイソンドライヤー、新型アタッチメントの使い方・レビュー・価格・おすすめな理由も紹介。限定カラーも!

2023年4月25日に発売されたダイソンのドライヤー「Dyson Supersonic Shineヘアドライヤー」には、新型アタッチメントが付属しています。

 

新型アタッチメントの使い方や、現在販売されているモデルのカラー、値段などをまとめました。

 

ダイソン公式ストア 楽天市場店

 

2023新型ダイソン ドライヤーのカラー・価格・セット内容は?

出典:ダイソン株式会社のプレスリリース

ダイソンの最新ドライヤー「Dyson Supersonic Shineヘアドライヤー」には、ツヤ出しツール・低温ツール・なめらかツールの3つのアタッチメントが付属しています。価格は48,800円です。

 

カラーは、ニッケル/コッパー・アイアン/フューシャ・ダークブルー/コッパー・ビンカブルー/ロゼの4種類

●ニッケル/コッパー●

●ダークブルー/コッパー●

●アイアン/フューシャ●

●ビンカブルー/ロゼ●

 

2023新型アタッチメントの使い方は?

出典:ダイソン株式会社のプレスリリース

ツヤ出しツール・低温ツール・なめらかツールの使い方は以下になります。

 

ツヤ出しツール

ツヤ出しツールは従来の浮き毛抑制ツールを再設計し、2つのモード「なめらかブラシモード」「浮き毛抑制モード」を搭載。「なめらかブラシモード」は、髪が濡れた状態から、乾かしながらうねりを整え、なめらかにします。「浮き毛抑制モード」は、浮き毛を隠してまとまりのある仕上がりにします。

 

低温ツール

低温ツールを装着すると風温が最大20℃下がり、風量が増えます。やさしい風ですばやく乾かすことができます。

 

なめらかツール

なめらかツールを装着すると、均一な風速で髪を揃えながら乾かし、シルクのような指ざわりに仕上げます。前髪や毛先などのピンポイントのスタイリングに向いています。

 

旧型ダイソン ドライヤーのカラー・価格・セット内容は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair Japan(@dysonhair_jp)がシェアした投稿

ひとつ前のモデル(2021年〜)のダイソンドライヤーは、5つのアタッチメントがセットで付いていました。価格は45,760円。そのほかに、キャンペーンなどで特別に収納ボックス(単品で買うと6,600円/税込)や収納スタンド(単品で買うと5,500円/税込)、パドルブラシ(単品で買うと3,300円/税込)、専用コーム(単品で買うと1,100円/税込)などが付いていることもあります。

 

旧型アタッチメントの種類と使い方は?

f:id:CNwriting:20211104073607j:plain

出典:ダイソン株式会社のプレスリリース

旧型ダイソンドライヤー(2021年〜)には「ディフューザー」「スムージングノズル」「スタイルコンセントレーター」「ジェントルエアーリング」「浮き毛抑制ツール」の5つのアタッチメントが付属していました。それぞれの使い方は以下になります。

 

ディフューザーの使い方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair(@dysonhair)がシェアした投稿

ディフューザーは、カール・パーマヘア向けのアタッチメント。風を均一に分散し、カールやウエーブを崩さずにふんわりブローします。2019年9月に再設計されたディフューザーは突起部分が長くなり、髪の奥深くまでしっかりととらえます。

 

スムージングノズルの使い方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair Japan(@dysonhair_jp)がシェアした投稿

スムージングノズルは、お風呂上がりなどに手ぐしで乾かすときに便利なアタッチメント。なめらかにコントロールされた風で優しく髪を乾かし、よりなめらかな髪へと仕上げます。

 

スタイリングコンセントレーターの使い方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair(@dysonhair)がシェアした投稿

スタイリングコンセントレーターは、ブラシを使ったブロー向け。周りの髪を乱さず、ブローしたい箇所に風圧の高い一直線な風を的確におくります。2019年9月に再設計され、エッジ部分がより広く、薄くなりました。

 

ジェントルエアーリングの使い方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair Japan(@dysonhair_jp)がシェアした投稿

ジェントルエアーリングは、2019年9月に加わった新・アタッチメントです。細い髪の毛やデリケートな頭皮向け。低温のやさしい風で、髪をすばやく乾かします。

 

浮き毛抑制ツールの使い方

f:id:CNwriting:20211104073612j:plain

出典:ダイソン株式会社のプレスリリース

「浮き毛抑制ツール」2021年9月に加わった新・アタッチメントです。長い髪の毛を風だけで手前に引き寄せ、髪表面の浮き毛を隠して目立たなくします。

 

アタッチメントは単品での購入も可能!

5つのアタッチメントのうち、最近新たに加わった「ジェントルエアーリング」「浮き毛抑制ツール」は、ダイソン公式オンラインストアより単品での購入も可能です。単品での価格はどちらも4,400円(税込)。

 

ダイソン ドライヤーの電気代は?他のドライヤーと変わらないよ!

ダイソンドライヤーの最大消費電力は1200W。一般的なドライヤーと変わりません。電気代は、1時間あたり最大32.4円。5分使用で最大5.4円くらいです。※1kWh=27円で計算。

 

実際にダイソンドライヤーを使用していて、こんなに風力があるのに他のドライヤーと電気代変わらないなら絶対ダイソンがいい◎と思います。しかも、他のドライヤーよりも短い時間で乾きます。

 

ダイソンドライヤーのレビューとおすすめな理由

私は毛量が多いロングヘアなので、毎回ドライヤーで髪の毛を乾かすのにとても時間がかかり、乾かし終わる頃には腕が疲れてしまうほどでした。美容師さんにも、私の髪の毛にはダイソンのドライヤーが合うよって言われていて。ダイソンのドライヤーを購入してから、本当に毎日のドライヤーが楽になりました。楽すぎて、旅行などにも必ず持っていきます。

 

ダイソンのドライヤーは、風量がとにかくすごいです。美容師さんが「高速道路で窓全開にしたときくらい」って例えていたんだけど、まさにその通り(笑)。髪の毛が乾くまでの時間がほんとうに早くなりました。

 

ダイソンドライヤーは、風の強さは3段階調整(強風/中風/弱風)、風の温度は4段階調整(高温/ 中温/ 低温/ 冷風のコールドショット)ができます。

 

ダイソンドライヤー「プロモデル」と消費者モデルの違いは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dyson Hair Pro(@dysonhairpro)がシェアした投稿

ダイソンドライヤーには、美容師向けにプロモデルがあります。消費者モデルとの違いは以下の3点。

 

  • プロモデルは、美容室での使用に特別に設計されたフィルターを備えている。
  • プロモデルには「プロフェッショナルコンセントレーター」(狙った場所に的確に風を送れるアタッチメント)が付属。
  • ケーブルが3.3mと長い。

 

プロモデルに付属するアタッチメントは「ディフューザー」「スムージングノズル」「プロフェッショナルコンセントレーター」「ジェントルエアーリング」「浮き毛抑制ツール」の5つ。カラーはニッケル/シルバーの1色展開です。プロモデルの価格は49,500円(税込)。

 

プロモデルの購入方法は、「Dyson Demo表参道店」「Dyson Demo越谷店」「ダイソンお客様相談室」もしくはサロンディーラーより購入できます。価格はオープン。

 

まとめ

ダイソンドライヤーのカラー一覧や、2023年から加わった新型アタッチメントの使い方、使用レビューや価格についてご紹介しました。ダイソンドライヤー は定番カラーのほか、限定カラーも登場するので、気に入ったカラーを見つけてみてくださいね。人気のカラーは売り切れちゃうことも多いので、見つけた時が買い時です◎

 

●ニッケル/コッパー●

●ダークブルー/コッパー●

●アイアン/フューシャ●

●ビンカブルー/ロゼ●