【長野・安曇野】国営アルプスあづみの公園のイルミネーション歴史。2014年〜2022年までまとめ

あづみの公園のクリスマスイルミネーションは、2019年までは堀金・穂高地区と松川・大町地区の2地区同時開催がされていました。

 

2020年からは、クリスマスイルミネーションは堀金・穂高地区のみの開催となり、松川・大町地区では8月にサマーイルミネーションを開催するようになりました。

 

毎年デザインが変わるイルミネーションは、とてもきれいです。2014年からのイルミネーションをまとめて紹介するよ。

 

あづみの公園のクリスマスイルミネーション歴史(堀金・穂高地区)

あづみの公園(堀金・穂高地区)の2014年から現在までのクリスマスイルミネーションを写真で紹介します。

2014

f:id:CNwriting:20150920203413j:plain

2014年のテーマは「Dream」。カラフルな配色がとても綺麗でした。

 

2015

f:id:CNwriting:20151115214420j:plain

2015年のテーマは「花咲く大地」。オルゴールのメロディが流れていて、とてもしっとりと感動的なイルミネーションが楽しめました。この年のイルミネーションは、音楽も配色も本当に綺麗でした。

 

2016

2016年のテーマは「公園の四季」。堀金・穂高地区では「春」と「夏」を演出、松川・大町地区では「秋」と「冬」が演出されています。2015年までは地区ごとにテーマを分けていましたが、2016年はひとつのテーマで繋げたんですね。四季の移ろいも繊細に表現されていて素敵でした。

 

2017

f:id:CNwriting:20171120064405j:plain

2017年のテーマは「7つの宝石の秘密」。しっとりとした雰囲気で、大人も楽しめるイルミネーションです。

 

2018

f:id:CNwriting:20181108194736j:plain

2018年のテーマは「アルプス一千の煌めき」。日本最大だという500メートルの光のトンネルが水辺の周り一周設置されていて、とても豪華で綺麗でした。

 

2019

f:id:CNwriting:20191109103129j:plain

2019年のテーマは「アルプス一千魔法のキラメキ」。堀金・穂高地区では「シンデレラ」の世界を演出、松川・大町地区では「白雪姫」の世界が演出されています。

 

2020

2020年のテーマは「不思議の国のアリス」。公園の立地を活かして、不思議の国のアリスの世界観が幻想的に演出されています。今年から冬のクリスマスイルミネーションが堀金・穂高地区のみの実施となり、そのぶんライト数が増えてボリュームアップしています。

 

2021

出典:国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区

2021年のテーマは「アルクマと行く~信州の豊かな山なみ~」。長野県のPRキャラクター・アルクマがイルミネーションとなり登場。園内には信州の豊かな山なみ、清らかな川の流れなどが表現されています。 音楽と光を連動させた動くイルミネーションや、スマホと連動させるとアルクマが投影される仕掛けなども。

 

まとめ

2014年〜現在までの、あづみの公園のイルミネーション歴史を紹介しました。県下最大級のウインターイルミネーションは、毎年テーマが変わり、とてもきれいです。安曇野の冬は寒いので、イルミネーションを見にいくときは暖かい服装でお出かけしてくださいね。

 

あづみの公園の冬のイルミネーション、最新情報は以下の記事でご紹介しています。

cnwriting.hatenablog.com