都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

「タイニーハウスに住む」という新しい選択肢がこれから増えていく

 

Cozy Abode by @kylefinndempsey

Tiny Housesさん(@tinyhouse)が投稿した写真 -

アメリカでムーヴメントを起こしているタイニーハウス。日本でも最近、「タイニーハウス」が大きく注目されてきています。昨年発売された、YADOKARIの250万円から購入できる家「INSPIRATION」は大きな話題となりましたよね。

 

これから先は、「賃貸」「マイホーム」というこれまでの住まいの選択肢の中に、「タイニーハウス」という新しい選択肢が加わります。

 

 

 

高額なマイホームに変わる、低額のタイニーハウス 

もうね、でっかい一軒家を高いローン組んで買う時代じゃないんですよね。新築建てたっていつ地震が来るかもわからないし、子どもがその家を継ぐ時代じゃないしね。

 

高額なマイホームを建ててしまったら、一生ローンとその土地に縛られて暮らしていかなければならなくなるんです。例えばご近所さんとの折り合いが悪くて上手くいかなかくても、マイホームを建ててしまっていたらもうその土地から離れることができなくなってしまいます。

 

しかも、自分が死んだあとその家はどうなるでしょうか?今はもう、子どもが地元に戻ってきてその家を継ぐ、なんていう時代じゃないですよね。だからといって売りだしたとしても、中古の一軒家がそう売れる時代じゃない。

 

でも、だからといって一生賃貸暮らしは嫌だと思う人もいますよね。これから先は「タイニーハウス」という新たな選択肢を選ぶ人は増えていくはずです。

 

 

 

アメリカで始まったタイニーハウスムーブメント

Tiny Houseは、アメリカから広まったんですよね。タイニーハウスって小さな別荘みたいで素敵なんです。

 

外観はこんな感じで↓

 

210 Sq Ft Tiny Home in Birmingham Alabama built by AL tiny homes

Tiny Housesさん(@tinyhouse)が投稿した写真 -

 

 

中はこんな感じ↓

 

210 Sq Ft Tiny Home built by @altinyhomes

Tiny Housesさん(@tinyhouse)が投稿した写真 -

海外のタイニーハウスに住んでいる人たちは、コンポストイレを使っている場合も多いんだそうです。そういう暮らしをみると、床暖房だとかエコキュートだとかの無駄な高額設備って本当にいらないよなあ、と思ってしまいます。

 

無駄なお金をかけない、無駄なモノを置かないタイニーハウスの生活って、そのぶん自由な時間を手に入れることができて、豊かに暮らせますよね。

 

f:id:CNwriting:20160202215035j:plain

photo credit: IMG_6224 via photopin (license)