都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

スズキハスラーのカラーは何色あるの?色によって値段はどう違う?

f:id:CNwriting:20150706120117j:plain

 

こちらは、2014年の記事です。「ハスラー全色まとめ」最新版は以下の記事をご覧ください↓

 

 

 

 現在発売中のハスラーのカラーは全部で9種類

大人気のハスラーですが、悩むのが色ですよね。単色、ツートン、さらに2015年1月にはカーオブザイヤー受賞記念の特別仕様車「J STYLE」が発売され、カラーの選択肢がもっと増えちゃいます。そんなハスラーのカラーを全部ご紹介します。

 

まずは現在販売されているハスラーのカラーは以下の9種類です。

  • パッションオレンジ×ホワイトルーフ(2トーン)
  • サマーブルーメタリック×ホワイトルーフ(2トーン)
  • キャンディピンクメタリック×ホワイトルーフ(2トーン)
  • フェニックスレッドパール×ブラックルーフ(2トーン)
  • スチールシルバーメタリック×ブラックルーフ(2トーン)
  • クールカーキパールメタリック(単色)
  • アーバンブラウンパールメタリック(単色)
  • スチールシルバーメタリック(単色)
  • パールホワイト(単色)
  • ブルーイッシュブラックパール3(単色)

上記のうち、

 

 インテリアのカラーパネルは?

パッションオレンジ×ホワイト(ルーフ)のみオレンジパネルとなり、その他は全てホワイトパネルとなります。

 

シートパイピングは?

パッションオレンジ×ホワイト(ルーフ)はオレンジパイピング

サマーブルーメタリック×ホワイト(ルーフ)はブルーパイピング

キャンディピンクメタリック×ホワイト(ルーフ)はピンクパイピング

となり、その他は全て白色となります。

 

値段の違いは?

2トーンルーフの場合は+43,200円、パールホワイト、スチールシルバーメタリック塗装車は+21,600円となります。

 一番高くなるのは2トーンのルーフ色がホワイトカラーのもので、+64,800円となります。

 

特別使用車「J STYLE」のカラーは全部で3種類

2015年1月9日に発売される、特別仕様車「J STYLE」のカラーは以下の3種類です。

  • フェニックスレッドパール×ホワイトルーフ
  • クールカーキパールメタリック×ホワイトルーフ
  • ブルーイッシュブラックパール3×ホワイトルーフ

これまでの赤×黒(ルーフ)に赤×白(ルーフ)が登場、さらに単色だったカーキに白ルーフの2トーンが登場、白×黒(ルーフ)も反対の黒×白(ルーフ)が登場です!

そして気になる、

 

インテリアのカラーパネルは?

フェニックスレッドパール×ホワイトルーフはレッドパネル、

クールカーキパールメタリック×ホワイトルーフはカーキパネル、

ブルーイッシュブラックパール3×ホワイトルーフはホワイトパネル

となっています。レッドパネルとカーキパネルは特別仕様車のみの仕様ですね。

 

シートパイピングは?

なんとシートパイピングもカラーパネルと同色になっています。

フェニックスレッドパール×ホワイトルーフはレッドパイピング、

クールカーキパールメタリック×ホワイトルーフはカーキパイピング、

ブルーイッシュブラックパール3×ホワイトルーフはホワイトパイピング

となっています。これは人気出そうですね。

 

値段は?

J STYLEは色による価格の差はありません。2WD147万9,600円(税込)、4WD160万5,960円(税込)となっています。

 

カラーの選択肢がとても多いハスラーは年齢問わず人気だそうです。私が住んでいる田舎でもほぼ全色走っているのを見ました。特に多いのがカーキとシルバーです。

でも隣の市に行くと白×黒ハスラーや白ハスラーがたくさん走っているのを見かけます。

地方によっても人気色が変わるのかもしれませんね! 

 

 

ハスラー全色まとめ、最新版はこちら↓