都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

狭い家に暮らすメリットってあるよね。

f:id:CNwriting:20160117093626j:plain

photo credit: 10 Sew double-fold hem via photopin (license)

 

狭い家に暮らしているとたくさんのメリットが見えてきます。

 

 

 

メリット1.余計なモノが増えない

狭い家に住んでいると、モノがたまるとその分空間を圧迫して生活スペースがなくなるので、断捨離を意識しなくても自然と普段から断捨離ができてしまいます。

 

家具や大型家電も場所を取るので、必要最低限のものだけを揃えるようになります。モノがありすぎることのストレスからも開放されるし、本当に必要なモノを厳選して選ぶことが上手になります。

 

今はモノを捨てるのにもお金がかかります。モノ選びが上手になると、余計な買い物はしなくなるし、良いことだらけです。

 

 

 

メリット2.隅々まで掃除が行き届く

家が狭いと毎日の掃除時間にも余裕が生まれるので隅々まで綺麗にできます。毎日掃除の時間で十分綺麗にしているので、年末大掃除とか得に必要ないくらいになります。だから年末の忙しい時間も有効に使えます。

 

ちなみに昨日はキッチンの掃除のついでに換気扇を取り外して洗いました。定期的に掃除してると汚れがこびりつかないからささっと掃除するだけでピカピカになります。

 

 

 

メリット3.貯金ができる

田舎暮らしだと賃貸の家賃って安いけれど、そこで喜んでちょっと広い部屋を借りてしまわずに、暮らすのに調度良い広さの部屋を借りると、余裕が出来て貯金ができるようになります。

 

 

 

こういったメリットがあるから、狭い家でも楽しく暮らしています。暮らすのにちょうど良い、無駄な広さがない部屋が一番良いなーと感じます。例えば空き部屋とかがあると、ついついそこに無駄なモノが溜まってしまうんですよね(収納部屋になってしまいがち)。でもその部屋がないと、その部屋に溜まってしまうであろうモノはそもそも買わないし、溜まらないというわけなんです。