Hello

#countrylife

寒冷地、子どもたちは小学校でどんな服装で過ごしてる?

f:id:CNwriting:20180214100419j:image

マイナス15度にもなる雪国暮らし。子供たちが小学校で過ごすのに、学校指定の運動着だけでは寒いので、フリースなど上から着る防寒着も持たせてくださいねーって言われています。

 

息子は、学校ではヒートテックの極暖の肌着(長袖とタイツ)を着て、その上に運動着の長袖長ズボンを着て、その上から裏起毛のトレーナーを着ています。算数とか国語とかの机上での勉強の時間が特に寒いんだって。

 

子どもによっても、寒がりの子と暑がりの子がいるので、もっと薄着の子もいるし、たくさん着ている子もいます。息子は寒がりなほうで、お友達がタイツを履いているのを見て「ズボンだけじゃ寒いからタイツ買ってー!」って言われて買ってあげたら「タイツすごいよ!超暖かいよ最高だよ!!」って毎日履いて行ってます。

 

そんな感じで、子どもの服装は何枚か重ね着させて、あとは自分で調節してね!って本人に任せています。(面倒くさいっていう理由で脱がなかったり、寒くなっても上着着て帰ってこなかったりするけどね。)