読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

震災防災グッズの見直しをしました。

冬に向けて震災防災グッズの見直しをしました。いつも夏前、冬前に見直しをしています。

冬は氷点下になるので家の倒壊の恐れがある場合まず逃げるとしたら車、次に避難所の順番なので冬は車に震災グッズを積んでいます。避難所まで歩いて行く場合を考えて震災グッズはリュックに入れておいてすぐ取り出せるようにしています。

(この辺は駐車場が広く周りに何もないので車が何かに押しつぶされるなどの心配はないと考えて車に積んでいます。)

 

 

今日はその震災防災グッズの見直しをしました。

 

f:id:CNwriting:20151127142557j:plain

 

リュックには、水、非常食、ティッシュ、ウエットティッシュ、懐中電灯(替えの電池も)、ビニール袋(大小)、メモ帳、筆記具、布テープ、マジック、はさみ、マスク、歯ブラシ、コップ、手ぬぐい(タオルはかさばるので)、小銭、携帯トイレが入っています。

 

 

もうひとつの袋には防寒着(前に着ていたユニクロのウルトラライトダウン)、着替えを入れています。

 

これと別に車にはいつも水のペットボトルと非常食、バスタオル、毛布を緊急用においています。

 

応急セット、スマホの充電器、保険証等はいつも持ち歩いているバッグに入っているので、災害時持ち出せるよう夜は枕元に非常用ラジオ(懐中電灯付き)とバッグを一緒に置いて寝ています。非常用の笛は普段から財布につけています。

 

f:id:CNwriting:20151127144734j:plain

 

 

長野県は地震が多いので、常に防災への意識はしています。

非常食も定期的に見なおして、消費期限が切れたものは買い換えています。