都会より田舎が好き。

Writer/Editor/Blogger/iPhone Photographer/Skier/

自動車保険選びがどれだけ大事かを痛感した話(事故と当て逃げの被害にあって)

f:id:CNwriting:20151118183311j:plain

 

これまでに、車の事故と当て逃げの被害にあって、自動車保険選びってすごく大事だって痛感したんです。今日はその話。

 

 

1.事故にあって自動車保険選びの大切さを痛感

一昨年、病院を受診した帰りに、一旦停止で止まっていたら後ろからドーンと思い切り車ぶつけられたんですよ。後ろの車に乗ってたおばさん、よそ見してたんだって。

この事故で首を痛めて半年間治療に通いました。今でも冬になると痛みます。

その時に、相手の保険会社と損害賠償の話をしなければならなかったんだけど、向こうも素人相手だと本当に最低限の値段を提示してきて、あくまでもそれが相場ですよーって言ってくるんですよね。

で、私車の保険で弁護士特約をつけていたんですよ。車の保険屋さんが知人なので、これまで保険内容も全部お任せしていたから弁護士特約つけていることすらそれまで自分で理解してなかったんです。

その弁護士特約を使って、自分で弁護士を雇って、ちゃんと慰謝料もらいました。(弁護士特約を使っても保険会社が紹介してくれる弁護士だと相手の保険会社の弁護士とうまく話つけてしまうから自分で雇ったほうが良いですよ)。

弁護士特約をつけていて本当に良かった。でないともう泣き寝入りで終わってました。

それからは、ちゃんと保険内容を細かく見て自分でもきちんと決めていくようになりました。

 

 

 

2.当て逃げされて自動車保険選びの大切さを痛感

最近、今度は車を当て逃げされたんですよ。道で私が止まっているとき、すれ違いざまにおばさんに車こすられたんです、そしてそのまま逃げられました。

相手のナンバーは4桁を覚えてたので、そのまま警察にいったんです。そこでびっくりしたのが警察のやる気のなさ。「まあ、見つかったら電話しますが2~3ヶ月しても電話いかなかったら見つからなかったと思ってください。」「ナンバー調べてそれっぽい車が見つかれば見にはいきますが…。」っていう、ああ、物損ってこんな扱いされるんだ、って思いました。ナンバー覚えてたら犯人すぐにわかると思ってた私がアホだった。

相手のおばさん、もう絶対地元の人しか通らない道だから地元のおばさんだと思うんですよ。でもそれでもナンバー照会して調べるだけでも調べてくれるのか、そもそも調べてさえもらえないのか、わかんないような対応だったんです。

今年ちょうど車を買い換えて、先に書いた事故の件もあったから保険だけはちゃんと必要なオプションとかも細かく調べて入っておいたんです。(当て逃げとか飛び石とかの被害もカバーされる)。だから最悪自分の保険で直せるけど、なんで自分悪くないのに自分の保険使って等級下がんなきゃいけないんだよ、とイラッとします。(修理費がすごく高くなかったら自費で払います。)

それでも、物損では警察が全然動いてくれないことがわかったから、ちゃんとしっかりした内容の保険に入っておいてよかったと思いました。

 

 

 

自動車保険は値段じゃなくて内容ですよ、絶対に!

自動車保険は絶対に値段だけで選んじゃだめです。きちんと内容を自分で確認して、本当に必要な内容がしっかり入っているかどうかで決めないと。

保険を選ぶときはまずは自分で何が必要か考えてみる。自分が事故を起こしてしまった時の保証は多くの人がちゃんと考えるんです。でも、自分が被害にあった時のこともきちんと考えて。事故にあった時、相手が無保険だったらどうする?怪我をして、半年、1年、もしくはそれ以上治療が長引いたら?それで一定期間、仕事ができなくなったら?(そんな時に弁護士特約をつけていないと慰謝料も全然とれません)。新車を買うなら、当て逃げされた時、飛び石とかの被害にあったとき、いくらまでなら自費で直せる?

 

ちなみに、車に衝突被害軽減ブレーキとかがついていると、飛び石被害でフロントガラス取り替えるときとかにレーダーごと取り替えなければならなくて、何十万とかかってしまうこともあるんですよ。

 

 

そうやって、こういうときはどうなるんだろう?っていう疑問を契約する保険会社の人に全て聞いて、そういう時はこのオプションが必要、といったことをひとつひとつ決めていくのが一番良い保険の選び方だと、実際に事故の被害者、当て逃げの被害者になって私は学びました。

 

無料の自動車保険一括見積もりサービス